シェアハウスウィークタイズに入居するきっかけは?

こんにちは。

福井県で20代・30代の若者が集うシェアハウス を運営しているシェアハウスウィークタイズの大家 三上です。

引っ越しを決めたとき、どんな物件に住もうか考えますよね。

みなさんの選択肢にシェアハウスはありますか?

今回は、シェアハウス ウィークタイズの住人に入居するきっかけを聞いてみました。

ウィークタイズの入居者に聞いてみました

『実家からでたことがない』

そろそろ実家を出たいなと思い、職場から10分圏内でお部屋を探していました。
なかなか自分の求めている条件のお部屋が見つからなくて。
そんな時に、シェアハウスという暮らし方を知りました。
初期費用も抑えられ、キッチンも広く、おしゃれ。
大好きなお料理をじっくりと作りたいなと思い決めました。
(20代女性・会社員)

『勉強に集中したくて』

実家にいると勉強がはかどらないんです。
留学したときにシェアハウスを経験していて、良い思い出がいっぱいあります。
身の回りのものだけで引っ越せるし、シェアハウスがいいなときめてました。
(30代女性・医療関係)

『テレビで見てあこがれてました』

テレビ番組でシェアハウスを知りました。
一緒に住むことで人生観が変わっていく姿にあこがれました。
ホントは、初めての一人暮らしなので不安でした。
内見の時に入居者の方と話す機会があり仲間に入りたいと思い決めました。
(20代女性・保育士)

ほかには、

『転職するので、身軽に引っ越せる場所を探して』(30代男性・会社員)

『家具や電化製品などそろえるのがめんどくさかった』(20代男性・飲食業)

『通勤時間が1時間以上。とにかく通勤が辛かった』(30代女性・会社員)

などなど。
仕事の事情だけでなく、生活の見直しや自分の興味、そして『新しい出会い』を求めての引っ越しが、シェアハウスに入居をきめたきっかけのようです。

そして、災害や病気など、何か起こったときに頼れる人が側にいる『人の気配がある生活』に安心感があることもシェアハウスウィークタイズに魅力を感じた一つのようです。

また、引っ越しと言えば、入社・転職・異動など新しい環境や人間関係がスタートする春と思いがちですが、いろいろな動機があるように、シェアハウスウィークタイズでも引っ越しのタイミングは様々です。

シェアハウスウィークタイズの入居者は、引っ越そうかなと思ったタイミングの物件探しで、シェアハウスが選択肢に入っていたという意見が多かったです。

シェアハウス ウィークタイズは一年中、新しい出会いのチャンスです。