娘の一人暮らしで不安なこと

こんにちは。
福井県にあるシェアハウス ウィークタイズの大家です。
ウィークタイズは、20代・30代の若者が集うシェアハウスです。

今回は、娘の一人暮らしが不安な親御さんへのお話です。

親が娘の一人暮らしで不安に思うこと

わが家の娘も昨年から一人暮らしを始めました。
そんな娘の一人暮らしにあたり親として不安だと感じたことを挙げてみます。
●お金
家賃、光熱費、食費など、しっかりやりくりできるかなと心配です。
●防犯
女性の一人暮らしでは、自分を守るのは自分しかいないので防犯が気になります。
●病気
こちらは切実な問題です。
●寂しさ
相談相手もなく寂しいんじゃないのかと心配。

伝えたい一人暮らしの心構え

私が娘に伝えた一人暮らしの心構えを元にいくつか挙げてみました。
●何でも自分でやる必要がある
今まで実家で暮らしていた人は、料理など家事全般をほとんどしたことがない人が多いようです。
できるだけ健康に気を使った食事をし、清潔に保つ習慣ができるように一人暮らしをする前から心がけましょう。
実家にいた時には、風邪をひいても家族が看病をしてくれましたが、一人で暮らしでは、病気の時に頼れるのは自分だけです。
●お金の使い方
これからはきまった予算内で必要な経費と予備の貯えのバランスなどお金の管理が大事です。
家賃、光熱費、食費。
また、医療費やお付き合いの会費などで急な出費が発生することもあります。
●時間と空間の使い方
朝起きる時間も夜寝る時間も自由、いつご飯を食べるかも自由。
部屋を傷つけない範囲でインテリアを自由に変えられるのは魅力。
ですが・・。
ゴミやほこりは実家で暮らしていた時のように勝手になくなりません。
●自己管理能力をみがく
一人暮らしを始めると、自分の生活に関わることをすべて自分の手で行う必要があります。
自分を守れるのは自分自身。窓や玄関の鍵など戸締りも習慣づけましょう。
1人暮らしの不安を解消するためには、1人の時間を楽しむ余裕と、健康な体を保ち病気を防ぎ、コツコツとやりくりをする心構えが必要です。

最後にひとこと

シェアハウスウィークタイズでは、しっかりした女子ばかりだったので心配したことがなかったんですが・・・。

一人暮らし初心者で実家がさほど遠くない娘。

洗濯してる暇がない。

自転車がパンクした。

高熱がでちゃった。

と困った時だけ連絡してきます。

福井市で一人暮らしの住まいを探している方。

特に、むすめさんの一人暮らしが心配と思っている親御様は一度ご相談ください。

シェアハウスウィークタイズは、親子で内覧に来られて親御様含めてじっくりお話しさせていただき納得して決めていただくことが多い住まいです。